ミノキシジルとフィナステリドの相乗効果とは

ミノキシジルとフィナステリドの相乗効果とは[よく効く育毛剤ランキング]

ミノキシジルとフィナステリドの相乗効果とは

ミノキシジルとフィナステリドは、併用するのがお勧めです。
本気で薄毛対策したいなら、両方を使用することが最も効果が望めます。

 

効果の出方には、個人差がありますが、ミノキシジルとフィナステリドは
相乗効果があり、お互いの足りない部分を補い合います。

 

ミノキシジルは、DHTを抑制する作用はありませんが、
毛乳頭細胞、毛母細胞の分裂を促進します。ですから、実際の発毛効果があります。

 

フィナステリドは、5αリダクターゼU型を阻害してDHTを減らす効果があります。
しかし髪の毛の成長には関係がありません。

 

簡単に言うと
ミノキシジル⇒発毛効果でフサフサに生えてくる
フィナステリド⇒抜け毛の防止・抜け毛の進行が止まる

 

このように、お互いが足りない部分を補うので、
別々の薬ではありますが、両方が必要だということは想像できたと思います。
セットになっていてもおかしくない程、補い合える関係なのです。

 

どちらかの副作用が気になる場合や、まだ抜け毛が始まっておらず、
完全なる予防なら、どちらかを服用しないという方法もあると思います。

 

しかし、すでに抜け毛が始まっているなら、素早い対策が必要です。
3年後、5年後に後悔しても、なかなか髪の毛を元に戻すのは
大変な場合もありますし、周囲にも薄毛だと分かってしまいます。

 

そんなリスクを犯すより、費用や時間を割いてでも、すぐに始める価値はあると思います。




ホーム RSS購読 サイトマップ