ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用[よく効く育毛剤ランキング]

ミノキシジルの副作用

薬品を使う際に、少なからず副作用のことが気になります。
ミノキシジルに関しては、副作用はどうなんでしょうか。

 

ミノキシジルは、当初、飲み薬として薄毛治療薬・薄毛防止薬として使われ始めました。
しかし、元々は血管拡張薬として開発された医薬品ですから、
薄毛治療薬として重篤な副作用が言われていました。

 

具体的には、性欲減退、低血圧、不整脈、動悸、霞み目、手・足・顔のしびれや痛み、胸の痛み、下肢・手・足・顔のむくみ等です。

 

そこで、ミノキシジルは、内服薬から塗り薬へと用途が変化しました。

 

ミノキシジルは、病院で処方されることも可能ですが、
ミノキシジルの成分が入った育毛剤を通販で購入することも可能です。

 

塗り薬のタイプに関しては、副作用は、痒みや塗った部分のニキビなどが出る場合もあります。
また、塗った部分の頭皮の脂漏性皮膚炎や炎症や湿疹も報告されています。

 

また、塗り薬でも、眠気、倦怠感、頭痛、体重増加と言った副作用があるのではないかとも言われています。気にしすぎると、気持ちの問題で副作用を感じることもあるので、あまり思いつめないようにしましょう。

 

しかし、副作用を感じたり、肌に合わない場合は、別の薄毛治療薬に変えてもらうのがお勧めです。確かに、薄毛が気になりだしたら、AGA治療は、とても大切なことですが、体そのものの健康を害したのでは、話になりません。

 

もし、副作用がでるようでしたら、育毛効果のある医薬品は他にもありますので、代替品を探すのがベストです。




ホーム RSS購読 サイトマップ